LINK

現実にコンピュータの前でいつも変化している相場を見ていると何となく注文をしなければならないという感情が沸き起こる場面も多かったりします。http://www.schalldose.net/archives/10

だが、あやふやな考えで注文することは絶対にしてはいけません。ピーシーマックス

分かっていると思いますが、市場は四六時中、常時いずれかの国の外国為替市場は開かれているし、マーケットも休みなく、上がったり下がったりします。税理士 大阪 顧問料

しかしながら、闇雲に注文をしていると、その分損失を被るリスクが高くなります。おすすめのエイジングケアの方法とは?

当然の事ながら、エントリーの数を積む事で、結果的に勝利する確率か半々になります。

けれどもこの事実は「明確でない思いつきでエントリー」とは別の話です。

売り買いの回数を積み重ねる意味というのは自分が「ここだ!」と感じた時機を持ったうえでの取引回数を積むという事です。

特段の理由も無く、連続して取引を繰り返すのとははっきりと異なります。

市場の駆け引きに臨むには、自ら思案して緩急をつけることが必要です。

「ここがチャンス」とよく考えた相場の時には保持ポジションを買い増して、儲けを狙います。

「かなり難解な為替相場で、どう推移するのか思いつかないな」と思ったならば、いっそのこと保持ポジションをひとつ残さず見切りをつけて静観します。

そのくらいのリズムをつけた方が、トレードは勝てます。

為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実に言葉どおりです。

相場とはいついかなる時でもポジションを保有する事が重要ではなくどれも保有せずじっと待っている事も事態によっては必要です。

じゃあ、いつ、休むといいのでしょうか。

ひとつは、先述した通り、今の為替相場が曖昧で見通しがきかない時ですここから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自身で作った筋書きとは逆に為替相場が変動してしまい、損する事になってしまいます。

そのため、そんな状況ではポジションを減らしてそのまま何もぜずに見ているだけが良い方法です。

もうひとつは、自身のコンディションがあまりよくない時です。

体の調子とマーケットに関係ないと考える人もいるでしょうがかなりつながりがあります。

健康状態がすぐれなければ相場の重要な状況で、落ち着いた判断を下すことが難しくなります。

やる気がわかない時はトレードから離れる事も大事なことだ。