LINK

「全損」とは文字通り全てが壊れてしまう場合で、結果的に走行が出来ないというような乗用車として任務を満たさなくなった場合に言われますが、自動車の保険で全損は多少異なったニュアンスがあります。

乗用車の保険においては乗用車が壊れた場合では全損と分損などと区別され、【分損】は修復のお金が補償金でおさまる時を言い、それとは反対に全損とは修復費が補償額を超えてしまうケースを指します。

普通、乗用車の修理で全損と判断されると車の心臓、エンジンに重大な破損が起こったり、自動車の骨組みがいびつになっていて修復が不可能な場合、リサイクルか廃車と判断されるのが通常です。

けれども、乗用車の事故が発生して修理業者や自動車の保険会社がその修復の費用を推定した際にどんだけ表面がきちんとしていて直すことが可能な状況でも修復の費用が補償額よりも大きくてはそもそもなんで車の保険に加盟しているのか分からなくなってしまいます。

そのような場合は、【全損】と考えて乗用車の所有権を自動車保険会社へと渡し補償金を受けとる仕組みなっています。

もちろんの事ですが長い間運転した自家用車で愛着があり、自費で修理して使いたいと考える方は多数いらっしゃいますから場面において保険屋さんと話し合ってみるといいでしょう。

さらに、車の保険の種類に応じてこういった場合のために車両全損時諸費用補償特約などの『全損』の時のために特約がある場面がいっぱりあり例え、愛車が(全損)なった時でも買い替え等の諸経費を一部分もってくれる場面も存在します。

なお盗まれた際の補償額の特約をつけている場合盗難にあった車が発見できない状態でも《全損》の扱いとなり、補償されることになっているのです。