LINK
クルマを運転していると、「車を使ったままで直ぐ融資可能」というような宣伝ボードやポスターが偶然見かけることも多いでしょう。これらの宣伝は、自動車を担保として融資する広告であることが多いと思います。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、実は、どういうローンの仕方なのかあまり分かっていない人も多いのではないでしょうか。車担保融資とは、それほど世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、自動車を返済ができなくなった際の保障にすることで、車の査定を行い、その金額の査定上限内でローンを行っているようです。通常の車買取専門業者での査定と同様に、キズがある車や喫煙車である場合は、査定の見積もりが安くなることがあるはずですので車を担保としてお金を融資を受ける際には知っておくといいかもしれません。車担保融資は、「車」という目に見えたものを抑える方法ですので、貸金業者などでローンがストップしている人でも直ぐに査定限度内でのローンキャッシングを行えるはずです。さらに、銀行や金融業者でのローンには多種多様な手順や面倒な審査などがありますが、愛車という実質資産を使って行うローンですから、そのようなものが必要としないこともあります。この頃では、クルマを返済ができなくなった際の保障にしてキャッシングローンを受けても、担保にしている車を今まで通り継続して保持することが出来る車の担保融資も増えてきていると思います。ところが、ローン方法のデメリットとしては、愛車の査定内容にキャッシングの限度額も左右されますから、持っているクルマによって、本人が望む限度額の融資を受けられないということも多いと耳にします。車を担保としますから、もしも借りたお金の返済が出来ない場合は、即座にクルマを明け渡さなければならないという、弱点といえるはずです愛車が日常の必要アイテムである地域では、クルマを、返済ができなくなった際の保障とするローンキャッシングの手段は、相当リスクが高いといえます。